天神祭前にギャルみこし 大阪夏の風物詩

大阪の夏の風物詩、天神祭が24日から始まるのを前に、若い女性80人が担ぐ「ギャルみこし」が23日、大阪市北区の街を練り歩いた。華やかにメークした法被姿の女性が「わっしょい、わっしょい!」と大きなかけ声を上げて進んだ。
BtNBhQGCEAAyhMh
担ぎ手は、応募者274人から選ばれた15~30歳の女性。70キロの重りが付いた棒を持ち上げる審査を突破した体力自慢ばかりだ。今年は初めて、みこしの先導役も女性が選ばれた。
町おこしの行事として始まり、今年で34回目。ルートは天神祭を開く大阪天満宮や天神橋筋商店街などを通る約4キロ。

このページの先頭へ