「世界の謎解いてみたい」14歳でカナダの名門大5校に合格

12歳でカナダの高校に飛び級進学し、14歳の今年、同国の名門大学5校に合格し9月からブリティッシュコロンビア大科学学部に進学する大川翔さん。
3万カナダドル(約285万円)の奨学金と研究助手の仕事も提供されるという破格の待遇( ゚д゚)ポカーン
amr14071109560003-n1
両親の仕事の関係で5歳のときカナダへ渡った大川翔さんは、9歳でギフテッド(天才児)と認定され、学校とは別の特別教育を受け始めた。
ライティングコンテストで優勝し、書店の書評委員も務めた。
「大学に早く進もうと思った理由のひとつは、世界の謎を解いてみたいという野望です」。生化学と素粒子物理学の融合に関心を寄せている(゚∀゚)神のヨカーン
立派すぎて言葉が出ません・・・。一方日本では号泣議員が話題となってますが、見習って欲しいものですね。

このページの先頭へ